肌トラブルの恐怖
  • HOME >
  • お肌の加齢を抑制する為には自分のお肌のタイプ

お肌の加齢を抑制する為には自分のお肌のタイプ

お肌の加齢を抑制する為には自分のお肌のタイプに合った基礎化粧水を選ぶ必要性があると思われます。

自分だけだとあまりわからない場合は、店内の美容担当者に色々と聞いてみるのも良いことだと思います。実際、自分だけだとあまりわからない時にはよく利用しています。
年齢を重ねると、肌って正直だなと思います。



いつしかくっきりしてきた目元の笑い皺やや乾燥による翳りには、本人だけがひっそりと時間の経過を切実に感じているのです。年齢と共に肌は薄くなり季節のダメージを強く受けるようになり、日光はシミやシワに形を変えて残るでしょう。
比較的皮膚の薄い先に挙げたような目元周辺、額、頬骨当たりのシミや皺(あるいはつっぱり)に悩んでいる人もよくあるでしょう。
ある程度専門的なスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)製品などで肌質の改善が必要でしょう。お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですがつい、力をぐっとこめてぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。
メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大切です。



なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。お顔のシミが気になり初めたら、まずは、毎日のスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)でなんとか改善したいと思われる事だと思います。



ただ、それでは中々むつかしいようなケースではレーザー光線などによってシミを消す方法もあります。


エステサロンにおいては特殊な光によって、シミのお悩み解消を目指しているところもありますが、美容外科などでは、レーザー治療という形によって気になるシミをキレイにすることができます。顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。



そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。
ターンオーバーを正しく整えると多少はシミを薄くできる可能性がありますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、その効果をいっそう実感できるはずです。

とはいえ、ピーリングをし過ぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。肌のくすみを改善したい方は洗顔方法によって改善できるかも知れません。


くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。


肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質はいつまでも剥がれません。
普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でしっかり泡立てて洗うことです。
ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用するとくすみの改善に繋がります。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、いろんなトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく目立つために、悩む人は多いです。



プロゲステロンやエストロゲンという女性ホルモン(エストロゲン、卵胞ホルモン、雌性ホルモンなどと呼ぶこともあります)の分泌が出産後はいきなり量を激減し、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。
乾燥肌は大抵の場合、敏感な肌でもありますので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。疾病予防のために、タバコを止める人が増加していますが、喫煙習慣を断つことというのは、実はお肌にも大変良く、プラスに作用します。

さて一服、なんてしているまさにその時に、お肌の調子を整えるために欠かせない栄養素である大量のビタミンCを、無駄に使ってしまうのです。



つまりは、タバコを吸えば、それがとりもなおさずシミなどの肌の不調のいわば元凶となるというわけです。
「肌の調子がよくなり綺麗になったきっかけが禁煙」というのも、タバコをやめた方の多くが実際に感じていることです。
一度でも合わない化粧品をデリケートな肌の方が使うと、すぐに肌に影響が出てしまうので、災難ですよね。
特に問題視したいのがずばりエタノールです。ニキビ用の化粧品にはほとんど使用されているのですが、肌には悪影響もあり、もっと悪くなるおそれがあります。
皮膚科で処方されるのなら安心ですが、市販の化粧品を購入する場合は警戒してちょーだい。

一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。



日光に当たる部分と、当たらない部分の肌をくらべてみましょう。

全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。
きれいな肌では皮膚表面の模様がものおもったより小さいですが、紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされがちな部分は三角だった模様が間延びしたり、溝が深くなっているのがわかるでしょう。皮膚の防御役である表皮の機能が極端に弱まるので、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうとしわが出てくるのは時間の問題です。もしそうなってしまったら、気づい立ときにすぐケアするべきでしょう。

関連記事はコチラ

メニュー